Garden&Garden Autumn 2022 秋号 vol.82 (巻頭対談記事掲載号 太田敦雄サイン入り版)

Garden&Garden Autumn 2022 秋号 vol.82 (巻頭対談記事掲載号 太田敦雄サイン入り版)

販売価格: 1,210円(税込)

在庫数 3冊
数量:

商品詳細

巻頭記事
「今どきプランツ 庭のこれから」に、
ACID NATURE 乙庭 太田敦雄、
おぎはら植物園 荻原範雄さん、
フローラ黒田園芸
黒田健太郎さん・和義さんご兄弟
の対談記事が6ページにわたりが掲載されている、
「Garden&Garden Autumn 2022 秋号 vol.82」の、
特集扉ページ(P6)に太田敦雄の直筆サインが
入った掲載記念特別版です。

乙庭マニアの方 ^^; 、どうぞお見逃しなく。

※こちらは、有無を言わさず、
太田敦雄の直筆サインが入った特別版となります。
サインなし版をご希望の方は、
書店や通販ブックショップなどでお求めください。^^

対談に登場する3組4名の2022年刊共著、
「グリーントータルプランツブック」の発売を記念して
太田敦雄発案により実現した
スペシャル対談企画を収載したものです。

ACID NATURE 乙庭、おぎはら植物園さん、
フローラ黒田園芸さんという、
大きく個性の異なる園芸店それぞれの視点から
これからの庭づくりのポイントになるトピックや
注目の植物などについて語り合っています。

全員揃って会うことはなかなか叶わない、
稀有なキャスティングによる
めっちゃスペシャルな対談企画!
これが最初で最後かもしれません ^^;

イングリッシュガーデンブーム期から
葉が美しい植物への関心が高まっている
現在にいたる園芸の流行の遷移や
各著者がどのようにリーフプランツの捉え、
各々の園芸に取り入れているか、
とても興味深い座談会でした。

その他、巻頭特集
「自然環境に合わせた庭のつくり方、楽しみ方」
では、ポール・スミザーさんによる
「NATURAL GARDEN MOEGI」、
淵上奉夫さんによる
「中之条 山の上庭園」、
上野砂由紀さんによる
「花の拠点 はなふる」のグラベルガーデン
を植栽例として取り上げ、
サスティナビリティに関心が高まっている
現代におけるガーデニングの方向性を
紹介しています。

その他、
人気園芸家の先生各氏による注目記事や
読者の方々の素晴らしいお庭の紹介記事でも
単にナチュラルな雰囲気というよりも、
環境にも人間にも負荷の少ない
「持続可能で美しい庭つくり」という
2022年現在進行形の大きなテーマが
浮かび上がってきます。

ぜひご参考になさってください。
園芸を愛する多くの方々にお読みいただけたら幸いです。


【全巻目次】
Garden&Garden vol.82・秋号

★Garden&GardenPeople特別企画
太田敦雄さん×荻原範雄さん×黒田健太郎さん・和義さん
話題のメンズ4人が語り合う「今どきプランツ&庭のこれから」

〈巻頭特集〉
自分に合ったこれからの庭を考えよう。
自然環境に合わせた庭の作り方、楽しみ方

●憧れSPOT/ポールスミザーさんの「Natural Garden MOEGI」(山梨県北杜市)
●「中之条山の上庭園」 ●「グラベルガーデン」
●一般実例 ●庭に野鳥を招待しよう etc

〈特集〉
こだわりガーデナー町田勉さん&久子さんの
バラ&ポタジェの手づくりMy Garden

〈植物提案〉
夏秋シーズンのおすすめ品種はコレ!
種苗メーカー担当者さんに注目の品種を教えてもらう季節の植物カタログです。

〈連載〉
Travel in japan 北海道ガーデン In富良野 風のガーデン
TV放映から早14年。見事に生長したガーデンを久々にお披露目します。
人気連載!
・野口康夫さんのPetit English Garden vol.1
・五嶋直美さんのニュージーランド庭さんぽ vol.1
・上野砂由紀さんのUENO FARMだより summer
・澁井展子さんのおしゃべりな花たち
・佐藤麻貴子さんのBritish Garden Life
・小森妙華さんの野の花でつくるブリコラージュフラワー

〈海外特集〉中国の素敵な庭を紹介! LivingGarden in China

[連載] 僕のイチオシ! 人気園芸店に旬の植物を教えてもらう


※単体でご購入されても送料がかかってしまいますので、
恐縮ですが、植物苗ご購入の際に
いっしょにお求めいただけたら幸いです。

※植物といっしょにご購入の場合、
書籍はセロファン袋にお入れして同梱させていただきます。


※2023年7月2日 入荷しました。
乙庭の掲載記事の冒頭ページ(6ページ)に、
参考写真2枚目のように、シルバー色のペンにて、
乙庭 代表 太田敦雄の直筆サインが入ります。

全て手書きのサインとなりますので、
サインの仕上がりは各部微妙に異なりますので
ご了承くださいませ ^^;

__________________________
雑誌 :
出版社: エフジー武蔵;
発売日: 2022年7月15日
大きさ : A4変型版 29.7 x 23.2 x 0.5 cm


年末年始の営業につきましては「What's New」をご覧ください。


冬季落葉種の状態につきまして、朝晩の気温が下がる日が続き、ほ場の苗も落葉が進み始めています。
商品ごとに状態の記載を心がけていますが、既に落葉し、地上部がない状態でのお届けになる植物も増えてくることを予めお知らせ致します。(芽や根の確認は出荷時に行なっておりますのでご安心下さい)
2023年11月15日現在


【必ずお読み下さい】
<お届けする苗につきまして>
当店はガーデニング用の植物苗を販売しております。苗の販売となりますので、開花する季節であっても、必ずつぼみ付きや開花苗をお届けすることはお約束できません。商品解説中の草丈は、生育後の一般的な完成サイズを示しております。実際にお届けする植物の草丈ではございません。

また、商品写真は開花や生育後の姿のイメージ写真となります。特記なき限りお送りする苗の写真ではございませんのでご注意下さい。入荷した苗の現物写真につきましても、現在販売されている苗の現物写真ではない場合もございます。現物写真と同じものが届くということではありませんので予めご了承ください(植物という特性上、日々状態が変化いたします)アレンジメントやコンテスト作品にご使用になる場合や、苗の状態をとても気にされる方は、オンラインショップでのご購入ということをご納得の上、ご購入ください。

※季節性・即納性の高い植物や、植物の状態的に植え替えない方がよい判断される一部の植物につきましては植え替えずナーサリーのポット鉢で発送する事もございます。
※季節や入荷のタイミングによっては植物の大きさ(樹高・草丈・ポットサイズ)に変更がある場合がございます。また、お客様のイメージされている大きさと異なる場合でもクレームの対象外となりますので予めご了承ください。


<季節ごとの販売苗について>
夏季(概ね6月下旬〜10月上旬まで)は、暑さが厳しく、植物も葉傷みしやすく病害虫の活動も活発です。圃場でも、葉焼け防止の斜光を施したり、減農薬で病虫害の予防・防除を行っておりますが、過保護にはせず、庭植えされてからの環境変化に順応しやすい苗作りを行っております。また、夏季は植物の新陳代謝も活発で、生理現象として下葉が枯れ上がっている状態の植物もございますし、姿を整えたり株をリフレッシュさせて新芽を出させるための刈り込みを行うこともございます。それらのことから、この時期は完全な美麗状態の苗を作るのは難しく、一部、葉枯れや葉傷みのある株、刈り戻されている株もございます。夏季の出荷品につきましてはそのような状態の苗も含まれることを十分ご了承の上、購入をご検討ください。出荷に際しては、全ての植物に対してその後の生育に問題ないかをよく確認をして発送を行っておりますのでご安心下さい。生育上問題ない限り、「下葉、枝先が枯れている」「刈り戻されている」「葉の一部がカットされている」などの理由では、ご返品・交換等は、一切お受けできません。あらかじめご了承の上、購入ご検討くださいませ。

秋季・冬季(概ね10月上旬〜4月中旬まで)は、寒さが厳しく多くの冬期落葉性植物は冬枯れとなっております。 これらの植物は葉が枯れていたり地上部が無いか刈り戻された状態での出荷となりますが、出荷作業時に芽と根の確認を行っていますのでご安心下さい。 また、グラス類などは、春の芽吹きを促進させるため、枯れた葉を短く刈り込んでお届けします。生育上問題ない限り、「地上部が枯れている」「刈り戻されている」「葉の一部がカットされている」などの理由では、ご返品・交換等は一切お受けできません。あらかじめご了承の上、購入ご検討くださいませ。

【 その他のご利用につきましての注意事項となります 】
※実店舗営業はしばらくの間、休止となります。→詳細